名無しのブログ

mtfな人の経過観察を報告する場所です
自分なりの服用量(変化)を書いていきますので、これから始める方への目安になれば、と…
ですが、個人差はありますのでこの量では少ない、という方もいらっしゃると思います…あくまで参考程度、に(汗)

ついに

『ボクガール』と『彼女になる日』を最後まで読みました
感想を書くことを義務にしたくはなかったので、噛み締めて読んでたら遅くなっちゃった(



誰も期待してないし!(笑)



ちなみに、彼女になる日anotherはまだ読んでいません
なので楽しみがまだあるんよ(´ω`)



じゃあ、誰も期待していない感想回です(笑)
ではスクロール↓







♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢
ボクガールは10巻の途中まで読んで一区切りにしていたのですが、そこからが怒涛の展開だったようで…



まず、ロキちゃんがいなくなります
正確にはまた人間界に来られるようですが、彼らの前からは姿を消しました



というのも、同じく神で友達?のトールくんが来てロキちゃんを連れて帰ろうとします



↑トールくんは1巻で出てきた(北〇の拳に出てきそうなタッチで描かれた)初老の?方なのですが、ちびキャラになってたので『くん』で(笑)



で、瑞樹くんに選択を迫ります
『男』と『女』、どちらで居たいかを



そして夢子ちゃんが猛くんに、瑞樹くんをどう想っているかを聞きます
するとやっぱりというか、猛くんは瑞樹くん(ちゃん)のこと好きだった!



『女のままでいてほしい』って



瑞樹くんもやはり、戻れるというかどちらにもなれるということで悩んでいて…
その後、猛くんは瑞樹くんに今度はちゃんと告白します



それでさらに揺れる瑞樹くん
いや、ここでほぼ固まった?のか



猛くんは『返事はしばらく考えてからでいい』と言い、『女になった途端にそんなんかよ、とか文句も全部聞くからさ』と最後に言い残して去っていきます



猛くん、男前ですね(´ω`*)



そして瑞樹くんは待ち合わせをしていた夢子ちゃんの元へ…



そこで背中を押され?決意した瑞樹くんはロキちゃんに会いに行きます



…って、これただの状況説明やん!orz
感想を述べるんちゃうの(笑)



とにかく、最後は猛くんを呼び出し気持ちを伝えます



『猛みたいな男を目指した時期もあったけど、僕はお前にはなれない』と言い



『自分で選んだ言葉とか気持ちとか、そういうの出来るだけ見ないようにしてたけど…今はソレじゃダメだって分かるから』



↑『自分で~』、これが私のそのままなんですよね…
※ですが私は彼女のように、美少女ではありません(



そして、猛くんの気持ちに答えを…



『僕も…好き』と



最後に向けていろいろ涙腺崩壊してましたが、ここで『あぁ、よかった…二人とも報われて』って安心した…



何より『気持ちがわかる』ということが涙に繋がりますよね
この二人が結ばれることによって、流れた他の涙もありますが…



私の場合、必死に『男らしさ』を求めてはいませんでしたが、やはり『そのように振舞わないといけない』という窮屈さはありました



口調とか…それと、特に佇まいとか



腕の辺りをこう、大きく見せるように肘を張って… <|  |> ←こんな感じにしたり、ガニ股は言い過ぎですが歩き方などにも気を付けて、極力『女らしさ』を消す方向で生きてきました



…もともと振る舞いとか、そういった意味での女子力?があったわけではないのでアレですが(汗)



でも今は『【男らしさ】を演じなくていいんだ!』と、窮屈さからは解放されています
もっと早く始めていれば…!orz




それと、彼女~の4巻はついに!二人が赤ちゃんを授かります



ここまでやはり大きな障害もなく、持ち前の強さで乗り切ってきた二人ですがここでちょっとした事件が…なんと嫁(旧姓:間宮、名前は奈央)が攫われます!



でもあっさり解決(笑)
急に新キャラ(攫った犯人)が出てきたので怪しんでいたら、即退場(笑)



何でも奈央ちゃんは、自分が非常に珍しい検体だということで政府にデータを提供(協力)していて、旦那(三芳くん、名前は恭介)は大学でその研究をしていて世紀の大発見というほどの研究成果を出したようで…



その結果を狙われて、↑の犯人から【データと嫁を交換だ】と脅迫メールが



けどやっぱりポッと出キャラ(笑)では歯が立たず、あっさり(ry
後半だったので尺的にも、ね…?



で、無事?出産
…恭介くん、出産に立ち会って奈央ちゃんの手を握っていたら、彼女がいきんだ衝撃?で手を折られてますが(汗)



ともあれ、二人の間に子供が生まれました!(´ω`)



ちなみに、その子が男の子なのか女の子なのかとか、どっち似?名前は?とかはぜひコミックスを買ってみてください!(笑)



…回し者じゃないよ?(笑)
♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢







…というわけで、長らくお付き合い頂きました感想回ですがこれにて終了!となります
誰も期待してなかったから(笑)



いやー、マンガっていいものですねー



読んでる間は気持ちがわかって悲しかったり、嬉しかったりしましたが…とても幸せな時間でした!(´ω`)



もう一周してこようかな(笑)



いやー、とにかく面白かったです!
…長くなりすぎているので、今回はこの辺で(汗)



ではでは(´ω`)

注文してた

マンガ、連休2日目(最終日)の金曜に届きました
いやぁー、16冊(うち1冊は小説)が一気に届くというのはなかなか…壮観?でした(笑)



届いて早速、彼女になる日の3巻を読み終えて一呼吸…
ひたすらイチャイチャしやがって!リア充爆発しろっ!(作中の登場人物と同じ感想)でした(笑)



作者も言っている通り、この巻はイチャイチャしまくるお話祭りでしたね(笑)
…一応、ネタバレですかねこれ?(汗)



でも、あの二人は(色んな意味で)強いから何の障害もなさそうですね(汗)



けど4巻を読まずに、ついボクガール3巻に手が伸びて…
でもここからはスクロール↓







♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢
そこから現在、9巻を読み終えて10巻の途中です



瑞樹くんは親が厳格(だと思い込んでいた)で『男らしくしなさい!』と言われて育ったので、必要以上に?『男らしさ』にこだわりをみせているようですが…



※瑞樹くんのお父さんはものすごーく親バカです(笑)



私のは『自分では(女の子への憧れを)否定するけど、周りから男らしく~とか言ってほしくなかった』って感じですね



でも、かわいいものを着られるなら着たい…けど私には似合わないから、っていう



瑞樹くんとはいろいろ違うけど、そこは合ってるかなーと
『そうそう!』って部分も多いですが



…あと、決定的に違うのは彼女(彼?)が美少女(美少年)なこと!(笑)
ここ重要(



それにもし、私が猛くんの隣に並んでもあんな体格差にはなりません(笑)
所謂『守ってあげたい』的なサイズではない…orz



てか、瑞樹くんの身長154cmって何だし!(笑)
私より20cm近く低いんですがそれは(´д`)



ですが、3巻の水族館デートで『夢子ちゃんと仲良くする猛くんに嫉妬している瑞樹くん』の図はちょっとわかるかなぁって



※ちなみに、『夢子ちゃん』というのは以前書いた、瑞樹くんが好意を寄せる女の子です



あの時点では単なる親友だった?
けど2巻の最後で猛くんにキスされて、そこから先は意識はしていたはず…



でも私は『女にしか見えない美少年と逞しい少年の絡み』というのは大好物ですので、そっちだったとしても何の問題もないっ!(



いや真面目に語れよ(?)笑



意識していなかったにしても、親友が他の人に取られるのはソワソワする?…と思うよ(汗)



とにかく、瑞樹くんの色々な心情の変化は『わかる』ってなる部分が多いです



…ロキちゃんのイタズラであんなことになって、人生狂わされている可哀想な子かと思いきや、自分の気持ちに気づく感じ?ですかね



今後の展開がどうなっていくのかわかりませんが…
とは言っても、ボクガールは11巻で終わりなのであと1巻と半分しか残っていないのですorz



『先を知りたい』と『物語を終わらせたくない』っていう、『読みたい』と『読みたくない』が混在しています…



何と贅沢な悩みなのか(笑)



というか、猛くんもあんだけ瑞樹くんを襲っておいてなぜ、何事もなかったかのように振舞っているのか!(笑)



いい加減気付け!いや気付いてるか…
じゃあ、いい加減くっつけ!(



野次馬はお帰り下さい(笑)



λ...



そんなことはいい(笑)
でも、昨日の休みで一気に駆け抜けちゃったので感想が…orz



瑞樹くんが(新たに男子寮の同室となる新キャラに、デートのフリをしてほしいと頼まれて)デート中、カップルストロー(というらしいです)でドリンクを飲もう!と迫られて猛くんがめっちゃ嫉妬したり


夢子ちゃんが猛くんのこと好きで、でも告白失敗したり


瑞樹くんの現在の性別がついに公になって、女子寮で暮らすことになったり


でもそのときのドキドキ(恋した対象)で男女に入れ替われるようになったり



そんな感じです(笑)



けど、猛くんに嫉妬させる話が少なかったような…もっと多い方がよくない?って(笑)



だって、こういう作品は男性側を嫉妬させて、気持ちに気付かせるというか再認識させるのがいいんでしょーがっ!(



あー、色々書きたいけどこれ以上書くと文章量がorz
♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢







とにかく、そんなところです(笑)
あと、ギャグ描写がものすごく面白くて、たびたび腹筋崩壊してました(笑)



以上!
長くなったので、今回はこの辺で…



ではでは(´ω`)

結局だよ!(´д`)

昨日ボーダーの2巻が来たので読んだら、結局続きが気になって…
それで買おうとして調べてみると、ボーダーは現在も連載中みたいですが2巻までしか出ていないようですね



続きが気になるのにー(



だけど今日はボクガールと彼女になる日の2巻が来るし…ゲヘヘ(



うん、仕事帰りの楽しみにはできないんだろうなー(´・ω・`)
第一、帰ってお風呂入ってご飯食べたら寝ちゃうし(笑)



でも明日から2連休なので↑2作品の3巻以降、全て注文しちゃいました(
えぇー(´д`)



彼女~はanotherも注文しちゃったし、ボクガールは小説?も(汗)
ボーダー以外は完結してるし、って(笑)



だって、一つ読み終えてまた次を注文、だと手間がかかると思って…ね?(汗)
絶対、続きが気になるだろうし!(笑)




それにね、ネタバレになっちゃうから一応スクロールしとくけど↓







♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢
ボーダー2巻では、清田くん(大学生)が種田さん(SRS済みのmtf)と付き合うんだけど…やっぱり今までのどの作品よりも、こういったジャンルは感情移入できるんですよ



私(たち)は普通じゃないからね
普通の男女だと、どうしても…こう、ね?(汗)



『こうはなれない』ってわかってるから…



ちなみに、種田さんは過去に女性と結婚してて子供もいます
34歳でバツイチ子持ち、けどバツイチってことは離婚は成立しています



私は『女性と結婚したい』という思いはないので、そこら辺の気持ちはわかりませんが…



でも色々あったけど彼と恋人になって、元奥さんが再婚を考えてる、っていうのにもちゃんと応えてる



…で、2巻の最後に清田くんは就活諦めて山籠もりしちゃいます(笑)
台無し(笑)



とはならず、彼なりに色々と考えてのことなんです
それに、ただの山籠もりじゃなくてバイトも兼ねてるの(笑)



そして種田さんをそこに呼んだところで2巻が終わるんですが…
その時の彼女の表情が、すごい笑顔で…なんかもう、あぁ幸せなんだなぁって



そこでちょっとやられちゃったよね(笑)
ウルッときたよ



…というのがボーダー2巻を読んだ感想なんですが、やっぱり♂21歳と♀34歳じゃあ、ねぇ?(汗)



私もそっち側(34歳)に近いですが、そんな年下が好きになってくれるなんてファンタジー、あるんですかね?(笑)



つい『もっと若い子のとこ行きなよ』って…(汗)
さらに純女じゃないしorz



あと、前書いた『思うところがある』っていうのは、ボーダーは↑そんな感じなのですが他2つについてはお相手が親友なので、『あぁ、そういう形もあるんかなぁ…』って思ったのです



ボクガールについては、お相手が親友になるのかどうかはわかりませんが…(汗)
瑞樹くんには好きな子(女の子)がいるみたいなので(汗)



↑『くん』としたのは、(なるんだとしても)まだ心は女の子になってないかな?ということです
…それともあれは、『向き合っていない』だけかな?



『親友』は私にもいますが、こういう作品でよく相手役になる『親友』というのがどういうものなのか未だわからず…



男性諸君はある日、突然親友(♂)が女性になってしまったら襲っちゃいますか?と問いたい(笑)



所謂『男は狼なのよ』ってやつですか(古い)



でも、体は女性そのものだけど中身はその『親友』だよ?(汗)



もし何かの拍子に襲っちゃうんだとしたら、そこまで体が正直なのか男性諸君は、ってなっちゃいますよ(笑)



けど、こういう作品を見ていると『長い付き合いだし大事な存在だから、俺が守らないと』ってなるもの…なのかな?って(汗)



うーん、わからんっ!(笑)
♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢







…っていうことなんですよ!(




いやー、長くなっちゃったね(汗)
ごめんよ、(私の)感想回ってこんなもんなんですorz



とにかく!今回はこの辺でっ(´д`)
長らくお付き合い下さいまして、ありがとうございました!(笑)



ではでは(´ω`)