名無しのブログ

mtfな人の経過観察を報告する場所です
自分なりの服用量(変化)を書いていきますので、これから始める方への目安になれば、と…
ですが、個人差はありますのでこの量では少ない、という方もいらっしゃると思います…あくまで参考程度、に(汗)

ちょっとここらで

改めて自分史といいますか、振り返る回をやってみます
こんなケースもあるよ、ってことで…あくまで、私の場合ですが(汗)




まず性自認について…幼稚園辺りはよく憶えていませんが、セーラームーンを見ていたりして女の子と遊んでいたみたいです



その頃の遊びで定番といえば、やはりおままごとですかね…?
セーラームーンかはわかりませんが、食玩?(コンパクトのようなもの)を買ってもらってました



その子の年賀状が家にあり、交流があったようですがその子以外に友達がいたかは本当に憶えていません



小学校低学年辺りまでは普通?で戦隊ヒーローとかも好きでしたし、男の子とも、女の子とも遊んでいました



男女、両方の趣向といいますか、どっちも好きな変な子でした(汗)



ですがその頃は偏見なくといいますか、男女で遊ぶことで特に茶化されたりすることはなかったです
そもそもクラスが、いや学年中が仲よかったように記憶しています



放課後、お互いの家に遊びに行ったりしていました
男の子と遊んでも、女の子と遊んでも楽しかったです



遊ぶコンテンツというか内容も、男女でそこまで違いませんでした(笑)
ゲームが主でしたね



ちなみにその頃、知り合いの家にお邪魔していてこんなことがありました



そこの年の離れたお兄さんが、私を後ろから抱きしめるような形?で胡坐を構いたその上に乗せて『○○ちゃんはかわいいおへそしてるね』とそこをなでなでしてくれました



私が小3とかで、お兄さん25才くらい?だったと思います
そのとき、何かしっくりきたような、何であれ『かわいい』と言われたことに喜びを感じました



いや、たぶん『お兄さんに後ろから抱きしめられた』のがきっかけだったように思います



そんなことはありましたが、中学以降は男子と遊ぶようにはなっていました…特にからかわれるからー、とか思っていたわけではないですが、自然と遊ばなくなった感じですかね



無意識の内に『男とはこうあるもの』みたいなのを自分の心に言い聞かせていたのかもしれません



『おへそかわいいね事件?』は、あれは違う!と心のどこかへ追いやって…



ですが以前書いたように、その間も男友達といても楽しさとは別の、ドキドキに似た何かはありましたが…(汗)



それが自覚する前、いや心に蓋をしていて見ないようにしていたときのことでしたので、『友達』としての認識ですからさすがにその対象にはなりませんでした



というより、友達として遊んでいる以上そんな風には思えなかったし、もしそうだったならまず嫌われてます(笑)



ここまでは中学のことですね…高校ではそんな事情もあってか、友達は一人も作らないようにして、無口なキャラで過ごしていました



…とは言っても、仲のいいグループはありましたし、三年間喋らなかったわけではありません(当たり前だ(笑)



ですが、高校は学費のためにバイトしていて予定があまり空かなかったし、帰って一緒に遊ぶ所謂『友達』は作りませんでした



それと、中学は区内の小学校(うちともう一つのところ)が一緒になるところで、知り合いももちろんいたので楽しかったです



高校は知り合いが全くいなかったので、あれでしたが…(汗)



ちなみに、S君とは中学で知り合いました
彼はその『もう一つのところ』出身です



そして高校を出て、専門学校に行ったわけですが…ここらで一旦、切っておきますかね(汗)




長くなったので、また二回に分けます(笑)
続きはすぐに(´ω`)



ではでは

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。